【5周年コラム】クラクラのここが好き!僕がクランにいる本当の理由

   

Sponsered Link

(このページは2017年8月14日に更新されました)

「クラクラの好きなとこを知りたい」
「クランにいる理由とは?」

この記事はそんな方へ向けて書いています

こんにちわ。ada ada_coc )です。

8月になって連日開催されているクラクラ5周年イベント。

いつも楽しませてもらっているクラクラの好きなとこを語りまくろうという企画。

みなさんも、ぜひどうぞw

 

おすすめ記事はこちら

 

クラクラを始めた人を取り巻く環境は決して楽ではない

6月アプデで実装した「夜村」から、クランにクラクラを始めた人がちょこちょこと来るようになった。

新しく始めた人、再び始めた人。

タウンホール5の可愛い村を見ていると微笑ましくなる。Mixクランの成田2は、タウンホール5〜11のごちゃ混ぜクラン。

初めての人が最初にぶち当たるのは 未知なるクランというもの の理解。

クラクラ3大基本の ”援軍処理・サイドカット、クラン対戦の立ち回り” というもの。

2〜3年もやっている人なら当然知っていて当たり前だろうけど、クラクラを始めた人が戸惑うことは多い。

何も知らない初めての人が何人もいれば、「また1から説明か」とおざなりになったりすることもあるだろう。

しかし、長くやっている人は考えて欲しい。自分たちもそうだったということを。

ゲームの画面の向こうには人が居るということを。

そして、初期にはあれだけ丁寧な解説をしていたブログや動画が、今はタウンホール9〜11を中心に移行していることを。

援軍処理やクラン対戦のイロハを丁寧に書いてくれた クラクラ独り言の山田さん はもう居ない。

調べたくても、古い情報やバラバラの情報で一苦労。教えてもらうにも、今のタウンホール9や10の人の頃とは状況が随分違っている。

 

気持ちが寂しくなった息子の話

サッカーをやっている中学の息子と話していた時のこと。

「監督の自慢話が長すぎる」
「もう同じ自慢話を100回も聞いたよ」
「怒鳴られているけど、聞いてないよ」

どうやら所属しているサッカークラブの監督が、中学生の息子の同級生たちから話半分に思われているらしい。

簡単にいうと、「尊敬」されていない。

時々、試合観戦にいくのだが、監督の性格は一言でいうと「熱血漢」。技術や戦術よりも気持ちが大切。

いいんです・・・もちろん、一番大切な部分だから。

だけど、大切な気持ちを伝えるための信頼関係がグラグラじゃ、伝えたいことが伝わってないんじゃないかと思う。

サッカー狂の僕は、小学生や中学生のサッカーの試合観戦に行って ”怒鳴る指導者” を見るたびに、気持ちが落ち込んでしまう。

「早く蹴れ!バカッ!」
「ボールばっかりグダグダもってるんじゃね〜」
「ちょっと、こっち来いっ!!」

マイチェアーに座ってふんぞり返っているコーチや監督からの罵声の雨あられ。

サッカーのこれからを担うチビッ子たちの境遇を ”寂しく” 感じる。

クラクラの初心者には、クランのメンバーがコーチになる。新規の人が望む望まずとも、クランのルールを説明し、勝てる方法や村の育て方をアドバイスすることになる。

そんな時に、心得ておきたいことをまとめてみた。

 

メンバーひとりひとりの個性を発揮させること

教える時にどうしても、「あいつはあれができない、これができない。」と出来ないことに目が行く。

いいコーチ役は、”何ができるのか” に着目している。そして、”どんな人なのか” を注目する。どんな性格で、どんな人間性を備えている人なのか。

クラクラで楽しいのは、なにも上手い人ばかりが集まって勝ちまくることじゃない。下手でもいい、失敗したっていい。

いろんな性格のいろんなやり方を楽しんでいる人が集まって、クラクラができるクランが好き。

どうやったら上手くいくのか、どうしたら勝てるようになるのかをメンバーみんなで考えていることが好き。

だからこそ、コーチ役になるクランのメンバーは、新しく来たメンバーひとりひとりを、どういう風に理解するかを考えないといけない。

ひとりひとりのメンバーを理解することが大事だし、それができなければクランは一丸とはならない。

いろんな人が居て考えの異なるメンバーに、何か大切なことを伝える時に、どんな言葉で伝えるべきかを考えないといけない。

 

僕がクランにいる本当の理由は?

僕がクランにいる理由・・・それは、今いるクランのリーダーが好きだから。

若いリーダーだけど、なにも無いところから声をあげて、クランを立て直した。下手だったけど、そんなことにめげずに先頭になって楽しんできた。

あなたのクランのメンバーは、なんでクランにいるのですか?

リーダーが好きだから?
クランで遊ぶことが好きだから?
有名クランだから?
友達が居るから?
上手くなれるから?
たまたまこのクランに所属していた?

僕は本気で考えるべきだと思う。

リーダーやコーチ役になる人は、メンバーと信頼関係があるのか?

サッカークラブの監督じゃないけど、勘違いをしてはいけない。

クラクラを始めた人にとって、コーチの役割をする人の責任は重い。その人が、これからも楽しむかどうか、可能性を伸ばしてあげるのも、つまらないと辞めさせてしまうかもしれない事を。

めちゃくちゃ強いわけじゃないし、デコボコなメンバーがいるクランだけど、そんなリーダーやメンバーと遊べるクラクラが楽しい。グダグダやっていて、4年にもなってきた。

クランの型にはめるんじゃなく、ひとりひとりの得意な事が ”力になって楽しめるクラン” になりたい。

 

まとめ

クラクラを始めてもう4年近くになる。

途中で一時、辞めた事もあったけど、リーダーやメンバーと出会って今まで遊んできた。

上手い人ばかりじゃないけど、デコボコなメンバーと一緒に楽しめるクラクラが楽しい。

ひとりひとりを輝かせられるクランを目指して。

 

Sponsered Link

今日も楽しいクラクラを

 

 

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - コラム