配置にみる編成のチョイス

      2015/09/21

判断の大切さ!

サッカーバカの皆さんへ!

 

おっと、クラクラな人へでした(笑)

こんにちわ、adaです。

 

世界の一流プレーヤーを見ていると、本当簡単そうにやっているように見えます。

 

サッカーの話ですよ、サッカーの(^ ^)

サッカー

ただ、最近の溢れるクラクラ動画を見ていてもホント同じだなと感じます。

 

なぜ、ドリブルしたの?

どうしてそこに走ったの?

なんでそこにトラップしたの?

実は、一つ一つに狙いがあるのです。 トップのプレーヤーはですよ!

 

僕らの一般ピーポーはそこまで行きませんが、、、

 

クラクラでも同様に、ユニットの編成、攻めた村、攻め方、それぞれに狙いがあります。

最近は、そのあたりを解説してくれるサイトもでてきました。

ホント、目からウロコ的な発想やイメージで勉強になります。

 

また、そんなサイトを紹介させていただきます。

 

TH8の考え方とは?

前回、ブログにあげた配置を見るポイントを参照してください。

TH 8 の方が主になりますが、それからの発展がTH 9 ~ 10となっていきます。

1、あなたは何派? 

スペシャリスト or  ゼネラリスト ?

スペシャリスト = 得意な編成あり    → それにあった村をチョイス

ゼネラリスト  = 数パターンの編成あり → 村にあった編成をチョイス

まず、自分の得意な攻めがある人は、その攻めが有効な村を見極めてください!

2、配置の特徴! 

 

ドララ向き配置

  • 対空砲が壊しやすい位置にある。
  • 対空砲のレベルが低い
  • 村がコンパクトで移動にかかる時間が短い配置

 

ホグラッシュ向き配置

  • 巨大爆弾が連結していない
  • 巨大爆弾が解除しやすい
  • 援軍がつりやすい
  • 配置内に巨大爆弾のスペースが無い、もしくは予測ができる。

 

ゴレウィズ向きの配置

  • 仕切りが少ない = 広く作られている。
  • 壁のレベルが低い(TH8 Maxはドクロ壁!)
  • 井の字型、迷路型のようにゴーレムの侵入経路が最初から用意されている。
主に、これらの視点で配置を眺めてみて、攻め方をイメージしてください。
 
ただ、腕に自信がある人は、あえてチャレンジしてみるというものもありです(笑)
 
すべった時は、ひたすら誤りまくらないといけませんよ(^ ^)
3、配置と編成がミスマッチしていないか確認する
 
壁がめちゃめちゃ硬いのに、そして細かく仕切られているのにゴレウィズで攻めようなんてことになってませんか?
ゴレさん・ウィズさんは、壁で引っかかって、あっという間に迫撃砲で死んじゃいます( ;  ; )
 
ウィザードが死んだゴレさんは、虎が居なくなった狐みたいなもんです。
 
ひたすら壁を殴るだけの悲しい定め、、、
対空が強く、広い配置にドララッシュでアタックしようとしてませんか?
ドラゴンの足の遅さ、、 
 
足じゃないや、のんびり飛行を舐めちゃいけません。
 
あちゃこちゃフラフラ飛んでるうちに、対空砲に撃ち落とされてしまいます。
 
火を吹きながら聞こえるドラゴンの断末魔、、、 
 
それは恐ろしいもんですよ。
それを避けるには、判断することが必要です。
 
数回の失敗は、勉強の為、成長の為には必要ですが。
 
繰り返し選択ミスをしている場合は、学習能力を疑われます(笑)
いつも同じ穴ぼこにおっこちてる近所のおじさんと同じです。
 
道見てんのんか〜〜〜い?
そして、チームであることを理解し、メンバーの得な攻めを理解してください。
 
自分が不得意でも、得意なメンバーがいるはずです! 
 
お互いが、足りないところはフォローしあいましょう。
4、そんな常識を逸脱した天才もいますよ(笑)
しかし、そんな世の中の面白いとこは、常識と思われることを飛び越えていく天才がいることです。
 
天才が、新しいものを作ってきたからこそ、また、いまが有るという事実があります。
 
だから、もし、メンバーに不思議な人がいたら暖かく見守ってあげてください。
 
どうしても、許せないとキックされた際は、是非、成田クラン2へお越しを(笑)

 

クイズの答えは?

この配置、何攻めクイズ!

少し頭を悩ました方もいるかと思います。

答えは、、、、

頭の中

 

 

 

実は、クラクラにおいては答えがないんです(笑)

 

さっきまで、あんなにミスマッチするなって言ってたろって突っ込んだあなた!!

そうなんです。

 

そのことは理解して攻める。

そして仮に失敗に終わったとしても、そのことは問題ではないのですよ。

 

何が言いたいかというと、

 

判断 → 実行 → 結果

 

最初の判断の時にしっかりとした狙いがあれば、実行の部分でミスが起こっても、スキルの問題なので、スキルアップしていくしかないということになります。

 

判断の部分、狙いが不明瞭・理解が不足状態では、ユニットの使い方が上手くても、次のレベルに行った時に詰まってしまうことになります。

 

サッカーでいう、どんな時もドリブル野郎みたいなもんです。

なんで、その時にその方向に向かってドリブルしたの? って問題です。

 

ドリブルが好きだから、巧いからやったということは、判断の元がないということですね。

 

そんな、視点で三つの配置を眺めてくださいな。

コメントいただければ、できるアドバイスはさせていただきますね。

 

長々とありがとうございました。

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - やり方, クラクラまとめ