今本当に危機なのは!!クラクラよりも攻略サイトだという件

   

Sponsered Link

こんにちは。ada ada_coc ) です。

クラクラのアプリ内新着が新しくビジュアル化されて、なんだかみやすい表示になりました。なんと、そんなところへ僕が書いた記事がピックアップされて感謝感激。

でも、ちょっと探すのに困るのがクラクラ攻略サイトなんです。

「いつ更新したの、この記事・・・」
「何処探したら、知りたい事が出てくるの・・・」

ググった結果が、ほんとひどい事になってる現状が今のウェブの問題なのかもしれない。

良心的な記事を書いているブログもたくさんあるんだけど、ゲームを始めた初心者には一体どこにあるのかわからない状態。。。だから、序盤からの攻略記事をまとめていこうと思った次第なんですが・・・

今回は、ちょっと問題も抱えているのがクラクラよりも攻略サイトだという話です。

 

ググった結果、見るも無残な上位表示サイトたち

クラクラをやっている時に困ったら攻略法を調べると思うんだけど、「クラクラ・攻略」とググったら出てきたのがこれ。

正直、全滅状態の結果に・・・

 

【Google 検索 1位〜9位】

 

上位表示サイトのリンクはこちら

3位 クラッシュオブクラン攻略Wiki – GAMY(最終更新2016年12月)
7位 クラクラ攻略の入口(不快な広告表示:個人の意見です)
10位 クラクラ攻略する人される人 – クラクラや他のゲームの攻略情報を掲載(pontaさんブログ、2018年10月時、更新終了の予定)

 

1位の攻略wikiは、ファミ通Appさんの企業型攻略サイト。最終更新は3年前 になる。当初はよかったんんだろうけど・・・

2位は、スマホLabさんのサイト。

二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を更新します。

とあるんだけど、実際は、二次情報だらけ・・・クラクラ攻略情報など、どこにあるのやら。

3位のGAMYは、CyberZが運営する企業運営サイトだけど、最終更新は2年前

4位のクラクラ攻略wikiは、ユーザー編集が主体のwikiサイト

5・6位は、appbank の企業運営サイト。最終更新は3年以上前。8位のサイトも3年前の更新。

7位は・・・僕はあまり好きじゃない広告表示です。自分の子供たちには見せたくないです。内容は配置だったりを教えてくれるからありがたいのですが・・・

9位に当サイトがヒット。10位はpontaさんサイト。ただ、ゲリブロに移行したので、今後の更新は無い模様です。

 

古すぎる情報が上位に表示される問題。

検索上位のサイトが、軒並み『古い』結果に。唯一、攻略Wikiはユーザーが編集して更新しているので良心的だけど信頼性は担保されない欠点はある。でも、海外wiki同様、一番、活用できると思う。

これだけ、古い情報が上位にヒットする現実は・・・

Google の検索アルゴリズムの問題だけど、調べたいユーザーにとっては迷惑しかないと思う。知りたいことを、早く・分かりやすくヒットするように、Googleは改善を進めているけど、実際には・・・

それに企業型のゲームサイトには問題があって、情報の信頼性に欠ける。以前にも、Gamewith の攻略サイトが引き起こしたパクリ問題は、ひと騒動を引き起こした。

 

そして、攻略でもなんでもない内容を投稿することで、500円もらえる仕組みになっています。

誰でも1記事500円もらえる仕組みだったのが、PV(ページビュー)を上げないと報酬がもらえない仕組みに変更されます。

クラウドワークスで1件あたり300円~400円のゲーム記事の執筆依頼はたくさんあるので、そっちで働くより、GAMYで登録してテキトーな記事を書くほうが、手数料を取られないで500円そのままもらえるので、効率よく稼ぐことが可能かもしれません。

出典:アメーバー的改悪〜GAMY編集部 より

2年前の記事だが、CyberZが運営する日本最大級のゲーム攻略メディア「GAMY」のライター経験者だった ありす in Underground  さんの記事より。

現在の GAMY のライター募集要項を見てみても、ライター未経験者募集とある。報酬内容は、月162,000円~の業務委託とあるが・・・

 

記事の信憑性で、2016年末に問題となったDeNAの医療健康関連のまとめサイトの「WELQ(ウェルク)」。不正確な記事や著作権無視の転用が次々と見つかって、休止に追い込まれたことを覚えている人も多いと思う。

Googleも、検索アルゴリズムを見直して医療・金融関連の検索は、個人にとって非常に厳しい結果と変更された。でも僕の知人がwebライターとしてバイトしている某コスメサイトは、30代独身女性をターゲットにしている。1文字1円弱で1500文字程度の記事を作成する。記事内容の正確性は個人任せのノーチェック。質より量を求められる運営体質は、対して変わらないのが現状。

企業型運営サイトは、ゲームに限らず運営にチョット問題を抱えている。

 

 Webの問題

  • サイトが強いので、情報が古くても上位表示される
  • 情報の信頼性は??
  • ライターは誰なのという現実

 

ゲーマーはどうやって育つのか

ゲームを楽しんでいる人は、どこかで行き詰まることがある。その時に役立つのが ”攻略情報を教えてくれるブログやサイト・動画” になる。

我が家の小学生は、スプラトゥーンの攻略動画をYoutubeでガンガン見てる。僕も初期には、攻略サイトを幾つか見て、その中から信頼できそうで更新しているサイトを選んでいた。

テキスト主体のブログには、ライターさん独自の視点や分析があったりして面白い。動画には動画の良さがあって、攻略法やパッと見てわかる動画を配信するYouTuberさんと、それぞれに味わいがある。

見る方は最終的には、幾つかをリストアップしてチェックするようになる。

たいがいのゲーマーも同じだと思うし、そうやってゲーマーは育っていくのだろう。その時に個人ブログでも企業サイトでも、動画でも個人的な嗜好で選んでいくと思う。

問題なのは、しっかりした攻略情報を更新しているかどうか。

 

悲しいかな、良質なブログは閉鎖していく

 

僕が好きで読んでいた個人ブロガーさんは、みんなブログ閉鎖という形になった。

手間ひまかかるブログ運営を、個人が長く続けるのは難しいと実感する。良識ある運営者は、更新が途絶えたサイトの情報が見てくれる人にとって誤解を生むことを知っているから、サイトを閉鎖するという決断をする。

ブログのファンにとっては残念なことだけど。

 

本当に欲しいのは、ゲーム愛と最新情報・攻略法だということ

自分がブログを書いていて気をつけていることは3つ。

  • 正確な情報を書くこと
  • 新しい情報を更新すること
  • 読みやすい記事を書くこと

分からなくて、わざわざ検索し、調べて読んだ記事が古かったり、本当なのこれ?と思った時のガッカリ感をなんども味わった。自分の記事を読んでもらった人に同じ事を感じては欲しくないと思う。

現在も、クラクラ攻略情報を発信している良いブログもたくさんある。

Googleがそれを表示するかは、実は違っていたりするのが今の実情となっている。個人的には、良い記事だと思ったものはツイッターで拡散したりブログ内で書いたりして行きたいと思う。

初心者の人は、アプリ内やまとめサイト、ツイッターで拡散されるブログや動画から、気に入ったものをチェックしていくしかないと思う。

アプリ内の新着に、これからは良い動画や記事が取り上げられるかな。

系統だった攻略記事をまとめたサイトが欲しいと思う。この辺りは、一つづつ書いて行けたらと思う。

 

まとめ

クラクラが6年を超えて、まだまだこれから先にも意欲を見せている。

実は危機的なのはゲームじゃなくて攻略サイトだというのが現状だと思う。初心者が困った時に調べたくても良心的なサイトにヒットしない。

ベテランが、よりクラクラを深く遊びたくても話し合う場所があまりないのが現状。クラン対戦リーグ機能が開発中で、ますます楽しめそうなクラクラ。アツアツなブロガーもいっぱい誕生して、新しい情報を提供してくれる。

負けずにこれからも更新。今日も楽しいクラクラらいふを。

Sponsered Link

 

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - コラム, 攻略