【クラクラ】格差マッチ?クラン対戦リーグの仕組みは最強を決めるはず!

   

Sponsered Link

(このページは2018年12月22日に更新されました)

「格差マッチングってひどくない?」
「クラン対戦リーグの対策はどうしたらいいの?」

この記事はそんな方へ向けて書いています

こんにちは。ada ada_coc )です。

いきなりですが、クラン対戦リーグを楽しんでいますか?

2018年10月アプデにて実装したクラン対戦リーグも3シーズン目を迎えた。ミックスクランの成田2はクリスタルリーグ1からスタートして2シーズン連続で昇格。

3シーズン目はマスター2で戦っているのだけど、あまりに相手が強すぎて愕然。こっちはTH12が3人なのに相手に10人はざらにいる。

「こんな強い相手じゃ、戦う前にやる気が失せる・・・」
「負けて降格したほうが、報酬もおいしいんじゃない?」

そのうちにクランの実力にあったリーグに落ち着くはずという開発チームの思惑は分かるけど、あんまりの格差に戦意喪失ぎみ。

そんな時にふとツイッターのタイムラインに流れてきた、「発想を変えろ!」のツイート。

慣れ親しんだクラン対戦とは、全く別物の『クラン対戦リーグ』の仕組みをもう一度、見直してみた。
スキルベースの仕組みとはいうけど、『スキルベース』ってどういうこと?

 

 

クラン対戦リーグの格差マッチングに戸惑う声が続出

クラン対戦リーグの狙いは、『クラクラ最強のクランを決める仕組みを導入すること』とコミュニティーマネージャのダリアンが言っていた。

リーグで勝てば、次のシーズンは上のリーグに昇格。とんでもなく強い相手と対戦が続く。とてもじゃないけど、戦う前から無理ゲー感が半端ない。

なんで相手はこんなに強いの?どうやって勝てというの?

ツイッターでも、いろんな意見はでている。格差マッチがひどい。相手が張り合いがない。クラメンのモチベが続くのか・・・

 

 

楽しんでいる人もいれば、そうでない人もいるリーグ。

 

勝てば昇格・・・クランの強さっていったい何?

国内リーグのWPLやJWC、海外リーグCLWはNDL・・・。リーグで最強を決めようとユーザーが楽しんでいるリーグはいっぱいある。

 

そもそも、最強クランって何が強いの?クランの強さっていったい何?

クランの強さとは、個人とチームの総合力で決まってくる。

チームには、戦術・立ち回り・TH構成・メンバー層の要素がある。個人が集まって、一つのチームとして最高の力が出せるようにどうするかが鍵となる。

そのチームを作っているのがプレイヤーひとり一人になる。

  • PS(プレイヤースキル:腕前のこと)
  • 防衛力(配置・防衛施設レベル・施設数)
  • 攻撃力(ユニット・呪文・ヒーローetcのレベル)

従来のクラン対戦は、下の二つ(防衛力・攻撃力)を数値化した係数でマッチングしている。

クラン対戦リーグは、係数ではなく『スキルベース』でのマッチングとなる。スキルベースってPSのこと?それとも違うもの?

そもそも、PSってなんなの?

 

“プレイヤースキル” とはなんのこと?

ダリアンは、前述のように「クラン対戦リーグは、スキルベースで最強クランを決める仕組み」と言っていた。

係数ではなく、上手い下手・強い弱いで対戦相手が決まる仕組み。リーグで言えば、勝利を重ねて上位に入れば、次リーグは昇格してさらに強い相手とぶつかる。負ければ、下のリーグに降格する。

このスキルベース(プレイヤースキル)とは、何を意味しているの?

単純に「クラクラの腕前」のことを指しているの?

 

実は、プレイヤースキルという言葉の定義はない。単にゲームの上手い下手を指して使われることが多い。それでは、話が進まなくなってしまうので、個人の強さを指すPSについて考えて見る。

要素として考えられるのは、次のようになるだろう。

  • 知識量
  • 判断力
  • 操作技量
  • 思考力

狭い範囲で言えば、操作技量だけを指すこともあるが、ここでは広い範囲で個人の腕前を指すこととする。

クラクラの腕前で対戦相手が決まるシステムが、「クラン対戦リーグ」と言っていいだろう。

 

ちょっと待って!ベースの村の強さは軽視なの?

クラン対戦リーグは最強を決めるシステムだから、腕前で対戦相手が決まる・・・

それは、そうだろうけど・・・THレベルが違う相手に腕前も何もないんじゃない?

スキルベースは、同じ環境(TH構成)があって始めて意味がある。

クラクラのTHレベルの違いは、スキルでカバーできない程、影響力がある。だから戦略的早上げが活躍したし、不公平感が積もり積もって運営さんに届いていた。

 

クランの実力→目指すリーグを見つける!

3シーズンを戦えば、現有戦力でどのリーグなら戦えるかの目安はわかってきた。

 

今後、各リーグでのおおよそのTH構成は確立してくるし、時間とともにより高いTHレベルへ移行していくと思う。

目指すリーグがはっきりしてきたら、どれくらいのTH構成にメンバーを育てて勝負するのかがはっきりしてくる。こむぎさんが、APIで今後、各リーグ情報が取れるかもしれないと教えてくれた。

今は厳しいかもしれないけど、目指すリーグを見据えてしっかり育成することを楽しむのも一つの方法だろう。

クラン対戦は、今のクランの力と同等の相手と勝負するもの。

クラン対戦リーグは、自分たちがどこのレベルで戦うかを想定してやるもの。

上を目指す事もあれば、村育成重視でリーグを選ぶ事もある。

あなたのクランはどこを選ぶ?

 

まとめ

マッチングがひどいクラン対戦リーグの仕組み「スキルベース」について、見直してみた。

今のところは、みんなが納得できるレベルには遠いけど、徐々にのはず。

「ゲームは駆け引きが楽しい」は、スマブラの開発者の桜井さんの言葉。

熱い駆け引きが楽しめるクラン対戦リーグになりますように。

Sponsered Link
お金がたまるポイントサイトモッピー

The following two tabs change content below.
アバター
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)
Sponsered Link
お金がたまるポイントサイトモッピー

 - クラクラまとめ