【クラクラ】不公平よさらば!クラン対戦マッチングを公式に報告する方法

   

Sponsered Link

(このページは2017年11月3日に更新されました)

「対戦マッチング情報を知りたい」
「不公平なマッチングを報告する方法を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています

こんちわっす。ada ada_coc )です。

何度も調整しているというのに、マッチングする度にがっかり。

「相変わらず戦略的早上げクランじゃない・・・」
「不公平なマッチングでやる気がなくなる」

開発チームが調整を繰り返している早上げ対策マッチングは、未だスッキリとはいかない。

本国公式が、不公平マッチングに関するデータを大規模に集めている。

不公平なマッチングがあったら、より良いクラン対戦マッチング実現のために報告してみよう。

公式フォーラムに投稿する方法。もしくは代役で投稿するので、不公平なマッチングがあった時は報告しよう。

不公平だ!不公平だ!と騒いでも、事態が良くなる事はない。
開発チームが取り組んでいる公平なマッチングの実現に協力してみない?

 

最新版マッチング情報はこちら

 

フェアなクラン対戦は熱い!

クラクラにクラン対戦が実装したのは2014年4月。大きな楽しみのコンテンツとなったクラン対戦は、常に修正を繰り返してきた。

 

公平なマッチングの実現はまだまだ道半ば

2017年になり、最大の問題となっているのは ”戦略的早上げ” による不公平マッチング。

これまでにクラン対戦は、マッチング係数の調整、マッチング時間問題、チート問題、戦略的早上げ対策・・・と多くの問題に取り組みながらバージョンアップしてきている。

一つの問題が解決したら次の問題と、一つづつ着実に改善を繰り返してきた。

しかし、すべての人にとって最高のマッチング実現には、まだ道半ばの状態が続いてる。

 

JWC や CWL、公認リーグが盛り上がる理由は?

2016年くらいから世界各国でリーグ戦が運営されて、しのぎを削る対戦が繰り広げられている。

日本クランが挑戦しているのは世界では 「CWL」、国内では 「only クラン のリーグ JWC」 や「ミックスクランによる Clash Next」。11月には、公式初の公認リーグ「ウェルプレイドリーグ」が開催予定されている。

僕のクランも初めて、公認リーグ入りを目指して予選に参戦した。

参加するために手間暇がかかるリーグ戦やイベントが注目されている理由はなんだろうか?

一つには、ガチンコのハラハラドキドキする対戦を求めるユーザー が増えてきたのだと思う。

実装して4年になろうとするクラン対戦は、クラクラの魅力や楽しみを味わえるものに違いない。ただ、みんなが慣れすぎてしまった。もっとワクワクする対戦を楽しみたい。

参加するのに簡単ではないリーグ戦やイベントに参戦するクランが増えてきたのは、そんな気持ちが表れてきたのだろう。

リーグに参戦するには一定の条件が必要になる。実力、継続して参戦できること、メンバー層、やる気など、クラン全体の力が試される。

しかし、野良マッチング(通常のクラン対戦)と比べれば、実力伯仲、真剣勝負の世界が待ち構えている。

もっと熱い対戦がしたい人たちが、のめり込む理由がそこにある。

 

クラン対戦が楽しめるものになるために

リーグ戦やイベントが脚光を浴びればこそ、アプリ内に実装されているクラン対戦を求める声も高くなる。

クラン対戦には、多くの楽しみや特典がある。

  • クランの仲間と一緒に対戦ができる
  • アプリ内で自動で対戦が決まる
  • 手軽にワクワク感を感じられる
  • 少人数から大勢まで、人数によって対戦が可能
  • 報酬がもらえる
  • クラン特典がある

 

多くのメリットがあるからこそ、公平なマッチングを求める声も高まってくる。

 

クラン対戦のフェアなマッチングが難しい理由は?

ユーザーがクラン対戦に求めるものが多くある。

  • ハラハラワクワクを楽しみたい
  • 勝利報酬が欲しい
  • 勝利を追求したい
  • メンバーと一緒に楽しみたい

さらにいろいろな条件が追加される。

  • 世界中の国の色々な人たち
  • 様々な年齢のプレイヤー
  • クラン対戦のサイズ
  • クランのタウンホールの構成
  • プレイヤーのスキル
  • 対戦を楽しむ時間
  • プレイヤーのモチベーション

これだけ多くの条件が絡み合うクラン対戦において、何が公平なマッチングといえるものなのだろう?

一部の人にとっては満足することでも、他の人にとっては不満に感じる。
全員が満足するものを求めれば、全員にとって十分に満足するものとはならない。

 

クラン対戦が絶対おもしろくなる4つの条件

僕は、遊びこそ真剣にやるから面白いものになると思う。

クラン対戦が面白くなるためには、4つの条件が揃っていることが重要。

  1. ガチンコなのか
  2. 公平なのか?
  3. 熾烈な駆け引きがあるか?
  4. ドラマがあるのか?

 

クラン対戦が面白くなるために必要なこと考えた記事はこちら。

 

徹底したチート対策(〜2016年)

クラン対戦が実装した 当初の2014年よりあったのが「チート問題」。不正ツールを使用して、相手より有利に対戦を進めようとするチートを、公式は禁止していた。

しかし、チート対策を盛り込んでも新しいツールを開発してチートを行うのイタチごっこが続いていた。

根本的な対策に乗り出したのは、2016年のこと。

ツール開発に対して対策

ツールを使用したユーザーを処罰

と大きく方針を転換した。

何度も繰り返されたチート対策で、ツールを検知されたユーザーが アカウント停止(垢BAN)されたことは、記憶に新しい。

 

戦略的早上げクラン対策は続く(2017年)

チート対策が効果を見せた頃より、不公平感が高まったきたのが ”戦略的早上げ” とのマッチング。

格上のタウンホールが多くいるクランと対戦マッチングすることへの嫌気が増してきた。

 

最新版マッチング情報が知りたい方はこちらを

 

2017年8月アップデートの密かな目玉が、「マッチング係数の微調整システム」の導入だった。

今までなら、”アップデートのタイミングと合わせてマッチング係数を調整していた” が、8月以降は状況を監視していつでも微調整が出来るシステムを導入した。

マッチングの不具合があれば、すぐに調整ができるというもの。

 

不公平マッチングを報告する方法

2017年10月末よりダリアン(公式コミュニティーマネージャー)が、ミスマッチに関するデーター報告をお願いしている。

目的は、”マッチングの現状把握とデーターの収集のためなので、ミスマッチに関するフィードバックや即座の対応と言う訳ではない”

集まったデーターは、開発チームの送られて分析される。何がミスマッチだったのか?ユーザーは何を不公平と感じているのか?

 

投稿に必要なものは次の6点。

  • 公式フォーラムのアカウント
  • Clan ID:自分のクランの ID
  • Clan name:クランの名前
  • War Start Date:対戦開始日
  • War Start Time (GMT):対戦開始時間(GMT)
  • Comment:不公平と感じた部分に関するコメント

 

公式フォーラム(英語のみ)は、誰でも見ることはできるが、アカウントがないと投稿や返信ができないので作成する必要がある。

順番を追って説明するので、不公平なマッチングと感じたら報告しよう。

 

不公平マッチングの報告の仕方

1.公式フォーラムのアカウントを作成する

 

 

Registerをクリックする

 

 誕生日の入力画面

 


アカウント作成画面

①ユーザーネームを入力(使われていないユーザーネームは緑色に表示される)
②パスワードを入力
③パスワードを再入力(確認用)
④メールアドレスを入力
⑤メールアドレスを再入力
⑥ボックスをチェックする
⑦フォーラムルールを読んだらチェック(英語なので?の人はとりあえずチェック)
⑧最後にクリックをして完了

 

2.不公平マッチングを報告する

公式フォーラムにダリアンが投稿した「クラン対戦ミスマッチ」のスレッドにいこう。

>> ミスマッチの報告ページ

ミスマッチのスレッド

画面下の Reply(返信)を2回クリックすると、下の投稿画面になる。

 

投稿画面

① タイトルは、「Clan Mismatch」とでもしておこう
②報告内容を書き込む

  • Clan ID:自分のクランの ID
  • Clan name:クランの名前
  • War Start Date:対戦開始日
  • War Start Time (GMT):対戦開始時間(GMT)
  • Comment:不公平と感じた部分に関するコメント

*GMTとは、グリニッジ標準時間のこと
日本時間との変換は下のサイトで可能

 

コメントは英語のみ可能なので、不得意な人はスルーを。

以上で、報告が完了。

ある程度、情報が集まった時点で開発チームに送られているみたいね。

 

まとめ

戦略的早上げクランとのミスマッチ改善の取り組みは続いている。

クラン対戦のサイズやタウンホール構成によってもばらつきが大きいマッチング。
非常に難しいとは思うけど、すべての人にとって公平なマッチングの実現を目指して調整が続いている。

公式は、ユーザーが何を不満と感じているのか分析しようとしている。多くのマッチングデーターを集積することは困難だし、不満を感じている点を理解することは難しい。

クラン対戦で不条理と感じるマッチングがあったら、ぜひ報告をしておこう。

 

Sponsered Link

今日も楽しいクラクラらいふを

 

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - News