【クラクラ】有名海外クランが対戦禁止!チート問題に巻き込まれたYouTuber

   

Sponsered Link

(このページは2017年11月18日に更新されました)

「チート対策情報を知りたい」
「垢BANについて知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています

こんちゃっす。ada ada_coc )です。

今だ無くなることがないチート問題。
11月に入ってクラクラ公式は、チートに対して垢BANを行ったことを発表。

クラクラ開発チームは、マッチング問題に取り組みながらも不正行為には断固とした態度で対処を続けている。

今回、騒動が起きた理由は、CWLに参戦中の海外有名クランが対戦禁止の処罰を受けたこと。

そのクランは、アップデートでも良く見るYouTuber Powerbang が所属しているクランだった。

本人も14日間の対戦禁止処分を受けている。

チートに対する現状の対策と、今回の出来事を報告するね。

今後、ますますフェアプレイへの取り組みは強化の流れにある。
フェアに熱くクラクラを!

 

スパセルの不正行為に対する取り組みは?

クラッシュオブクランを運営しているスーパーセルは、不正行為に対して禁止事項を明記している。

特に 赤文字 に注意して読んでみてください。

1.2. アカウント及び本サービスの停止及び解約

その他の救済を制限することなく、弊社は、皆様が本利用規約を遵守していない場合、本サービスを違法に若しくは不正に利用している場合、そのおそれがある場合、又はこれらに該当すると弊社が疑いを抱く場合には、皆様に対し、通知し又は通知することなく、アカウント又は本サービス若しくはその一部へのアクセスを制限、停止、解除、修正又は削除する ことができます。

アカウントが解除され又は制限された結果、皆様は本サービス内でのユーザー名及びサービス上の人物像並びに皆様による本サービスの利用に関連する一切の利益、特権、獲得アイテム及び購入アイテムを喪失することがありますが、弊社はこれらの喪失又は結果について、皆様に賠償する義務を有しません。

弊社は、あるユーザーが、リスク又は法的責任を生み出している、第三者の知的財産権を侵害している、又は弊社の規定、方針若しくは精神に反した行為を行っていると考えられる場合、弊社が有するその他の救済を制限することなく、当該ユーザーに対し、本サービス及びアカウント又はそれらの一部の制限、停止若しくは解除、弊社ゲーム及びサイト並びにそれらのコンテンツ、サービス及びツールへのアクセスの禁止、ホストコンテンツの遅延又は削除、並びに当該ユーザーによる本サービスへのアクセスを阻止するための技術的及び法律的な措置を実施することができます。

また、弊社は、適切な場合、弊社の単独の裁量で、第三者の知的財産権を繰り返し侵害していると思われるユーザーのアカウントを停止又は解除することができます。

弊社は、180日間利用されていないアカウントを解約する 権利を有しています。

弊社は、本サービス又は特定のゲーム若しくは本サービスの一部の提供及び/又はサポートを、いつでも停止する権利 を有しています。その場合、皆様の本サービス又はその一部の利用ライセンスは自動的に終了します。この場合、弊社は皆様に対して、当該サービスの終了に関連して返金、給付その他の補償を提供する義務を負わないものとします。

皆様のアカウントが解約されることには、皆様又は他人が提供したコンテンツを含む本サービス又はその一部への皆様によるアクセスが無効化されることが含まれます。
皆様は、弊社のサポートページ https://support.supercell.com/ に記載の手順に従い解約を希望する旨を弊社に通知することで、理由を問わずいつでもアカウントを解約することができます。

 

利用規約:1.2. アカウント及び本サービスの停止及び解より

不正があると疑われても、通知なしでアカウント停止 が可能とは明記してある。
実際は、かなり慎重に停止や処分は実施されてる。

 

【スパセルが明言している4つのフェアプレイ】

他者を傷つける言動

  1. ヘイトスピーチ、人種差別、その他差別的な言語
  2. 猥褻または性的に露骨なからかい
  3. 脅迫や嫌がらせ
  4. 過度の汚い言葉
  5. いじめ

 

 サードパーティー製ソフトウェアの使用

  1. ハック、「改造」、すなわち不正にゲーム機能を変更するプログラム
  2. 「ボット」、すなわちゲームプレイを自動化するサービスまたはスクリプト
  3. ゲームを改変したり不正に進ませることを目的とする、他のあらゆるプログラム

 

 無許可のエメラルド販売

 ゲーム アカウントの売買と共有

  1. 売り手は、あなたのお金を受け取り、アカウントを引き渡さない可能性があります。
  2. 売り手が販売後も指定のアカウントを使い続ける可能性があります。
  3. 売り手は同じアカウントを複数の人々に売りつける可能性があります。
  4. アカウントの状態がわかりません。すでに永久停止が決まったアカウントかもしれません。
  5. 販売されたアカウントは決して安全なものではありません。スーパーセルは、侵入されたアカウントにサポートを提供できません。
  6. そのアカウントにお金を払っても、アカウントは弊社のサービス利用規約に違反したことにより永久停止される可能性があります。

 

その他の禁止事項

  1. Supercellのスタッフを装うこと
  2. 他のプレイヤーのアカウントをフィッシングすること
  3. 返金システムの濫用
  4. 故意にバグを悪用
  5. 他人に規則違反をそそのかすこと
  6. 個人の連絡先情報を要求したり与えたりすること
  7. ゲーム内チャットを広告、スパム、詐欺行為に使用すること

安全で公平なプレイのために より

2017年のチート4つの対策

2017年時点では、チートには大きく4つの対策を実施している。

チートに対する処罰

  • 警告:14日間のアカウント停止
  • 2度目:永久アカウント停止
  • クランぐるみのチート行為
    ・チート行為をした アカウントは永久停止
    ・クランメンバーは 14日間の対戦禁止処分

 

チート行為が見つかった場合、まず、14日間のアカウント停止処分 を受ける。
その期間中に、チートツールの削除をしておくことが必要。

その後、2度目のチート行為を発見された場合は、永久アカウント停止(垢BAN)となる。

クランぐるみでチート行為 をしていたと判断されると、

  • チート行為をしたメンバーは、垢BAN・クラン追放
  • クランメンバーは、連帯責任となり14日間の対戦禁止処分

 

チート対策の流れ

【2016年4月】スパセルが本腰を入れてフェアプレイに取り組み出した。

 

フェアプレイ宣言後、チーツツールを削除しなかったプレイヤーが14日間のアカウント停止処分を受けた。

 

チートの親分(製作・販売側)が悲鳴をあげる

 

【2016年6月】垢BAN第2波がやってきた

 

【2016年9月】一発レッドの即垢BANを実施

 

【2016年11月チート対策はクラン全体へ(連帯責任で全員が14日間のクラン対戦禁止処分)

 フェアプレイ:クラン対戦版 を発表

 

【2017年2月】CWL直前、垢BANとクラン対戦禁止が実施!

 

そして、2017年11月に継続して、垢BAN・クラン対戦14日間の禁止処分が実施された。

 

チートだけじゃないアカウント停止処分になる5つのこと

クラクラにはチートだけではなく、他にもアカウント停止処分を受ける事がある。

これらの事は、処分対象になる事があるから注意が必要。
マナーを守って、クラクラを楽しんでねという事かな。

 

Powerbang は巻き添え?クラン対戦参加停止処分の事実は?

11月に入って実施されたチート対策で、YouTuber Powerbang(以下:PB) の所属するクラン(WHF)が、対戦禁止処分を受けた。

日本では大きな騒動にはなっていないが 公式フォーラム や Reddit では投稿が相次いだ。

 

スパセルが、11月にチートに対する垢BANを実行

ダリアン(公式コミュニティーマネージャー)が、11月11日に公式フォーラム上でアカウント停止処分をしたと発表。


We’ve recently taken action against a number of accounts involved in modding which is a clear violation of the Clash of Clans Terms of Service, as well as a violation against the spirit of Fair Play. A recent sweep by our friendly neighborhood psychically gifted cephalopod, we have enforced disciplinary action on several thousand accounts.

(私たちは最近、クラッシュ・オブ・クラン(Clash of Clans)利用規約の明確な違反や、公正なプレイの精神に対する違反である Modding に関連する多くのアカウントに対して停止処分を実施しました。 サイキックオクトパス〔ツール検知システム〕は、数千のアカウントで懲戒処分を実施している。)

This includes accounts that may have been exchanging modding services for real-world currency as well as those individually using mods to gain an unfair gameplay advantage; thus were issued disciplinary actions all the way up to permanent closure of their account.

(これには、現実の通貨のための改造サービスや不公平なゲームプレイの利点を得るために改造を使用するアカウントが含まれます。 したがって、彼らのアカウントを永久禁止する懲戒処分を実施した。)

As always, we are committed to upholding the integrity of Clash of Clans. However, please also keep in mind that while we target mod usage, it is important to remember that players are innocent until proven guilty. Please continue to report any instances of modding or any other actions that may violate our Fair Play policy. We do continue to investigate these reports.

(いつものように、私たちは Clash of Clans の完全性を守ることを約束します。 しかし、modの使用法を対象としていますが、プレイヤーは無罪であることが証明されるまで無実であること を覚えておくことが重要です。 当社のフェアプレーポリシーに違反する可能性のある改造その他の訴訟については、引き続き報告してください。 これらのレポートは引き続き調査しています。)

公式フォーラム:Clash of Clans – Modding bans より

11月に入り、数千のアカウントが永久垢BANの処分を受けた。

 

Powerbang の所属する WHF が対戦禁止処分

驚きだったのは、CWL に参戦中の WHF が対戦禁止処分を受けた事。Powerbang“14日間の対戦禁止処分” を受けた。

「PBがチートしていた?」と騒然としたが、本人は動画でコメントを発表。

「クランの中に複数のアカウントを持つ一人のメンバーがいた。そのメンバーがチートを行っていたんだ」と。
WHF がクランぐるみのチートをしていたと判断され、他のメンバーは全員14日間の対戦禁止処分を受けている。

PBが、メンバーがチートをしていた事を知っていたのか?
クランの他のメンバーは、知っていたのか?

スパセルが、クランぐるみの不正行為をどのように判断しているのだろう?

 

垢BANに対するダリアンのコメント


Realizes:Some of them only got 14 day war timers because they were in a clan with a cheater but didn’t use cheats themselves

 

(Realsies(フォーラム住民):チーターと同じクランに居たけど、彼らは使っていなかった。だから、14日間の対戦禁止なんだね。)

ダリアン:This is correct. We don’t want to automatically insinuate guilt through association, so those 14-day suspensions are also carefully vetted as well.

(ダリアン:これは正しいよ。利用規約によって自動的に有罪判決をしたくないので、14日間の猶予も慎重に審査されています。)

公式フォーラム:Modding-bans? より

 

PBがチートを知っていたのかは分からない。たった一人の個人がしていた事なのか、それともクランが関与したのか。

ただ、全員が処分を受ける事は変わりない。

 

今後も継続してチート行為対策は実施

今後、チート対策を含めてフェアプレイへの流れは続いていくと思う。

 

フェアプレイ・eスポーツ化の流れ

eスポーツの発展にアメリカや韓国からは遅れをとる日本だが、徐々に動きを見せている。

クラクラ初の公認リーグとして予選トーナメントが開催された「ウェルプレイドリーグ」も、Lobiを運営している株式会社カヤックの子会社となったウェルプレイド社が、第一弾として企画・運営が進んでいる。

 

スポーツとして成り立つ前提として、ゲーム自体がフェアなのか・公平性があるのかは重要な要素 となる。もちろん、ゲームを楽しむ人にとっても、興味を失わせるチート行為は許すことができないもの。

 

チート対策は継続される!

フェアプレイを掲げるスパセルが、日本・海外を含むゲーム業界の流れを汲んでいくのは当然だろう。

ユーザーが満足し、ゲームを楽しめる環境を整えることは、今後も継続して取り組んでいくこと。

プレイヤー自身の責任が問われることとなる。くれぐれも、ご注意を。

 

今後の問題となりそうなアカウント売買

今後、日本でも問題となりそうなのが ”アカウント売買”

現在、リアルマネートレードといわれるアカウントの売買は、仲介サイトなどを通して多くの売買が行われている。

リアルマネートレーディング英語: Real Money Tradingリアルマネートレード英語: Real Money Trade)とも。以下RMT)とは、オンラインゲームスマホアプリアカウント、キャラクター、アイテム、ゲーム内仮想通貨などを、現実の通貨(リアルマネー)で売買する経済行為を指す。

wikipedia :リアルマネートレーディング より

 

アカウントの売買・譲渡は禁止されているが・・・

スパセルを含め、多くのゲーム企業は利用規約でアカウントの売買・譲渡を禁止している。

利用規約 や 安全で公平なプレイのために  には、アカウントの売買禁止が明文化されている。

しかし、ゲームを止める時や副業などで、高額なアカウント売買が行われている事実がある。

 

現状の規制はなし

現状は、アカウント売買に関する明確な罰則がない。

  • 売り手:売買が成立すればアカウントの権利なし
  • 仲介サイト・業社:ゲーム企業が禁止しているが、仲介者に関しては自主的規制が中心
  • 買い手:買ったアカウントに対する規制はなし

全てが自主的に規制をといったところか。

 

今後、ユーザー規制がかかる可能性は?

フェアプレイ化の流れから見ると、今後、スパセルがなんらかの動きを見せてもおかしくは無い。

  • 売買禁止を明文化しているのに、明らかな対策を取らない姿勢を問われる
  • トラブルが起こらなければ知らないでは済まない
  • フェアプレイを謳っている企業姿勢とマッチしない
  • eスポーツ化がすすめば、クリーンなゲームをアピールする必要性が出てくる

チート対策と同様に、買い取ったアカウントが売買されたものと判断されたらアカウント停止といった対策 もありえるのではないかな?

 

まとめ

2016年から継続して対策されているチート。

海外有名クランがクランぐるみのチートと判断されて、14日間の対戦禁止処分となった。

チートと判断された個人は、永久アカウントの停止・クランメンバー全員が14日間の対戦禁止となっている。

これからも継続して ”フェアプレイ” を

 

Sponsered Link

今日も楽しいクラクラらいふを

 

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - News