【コラム】モチベは上げるべき?ブログを3年続けた1つのシンプルな方法

   

Sponsered Link

(このページは2018年9月20日に更新されました)

「ブログを3年続けた時にやったシンプルな事とは?」
「上げるより上げないことが大事な理由」

この記事はそんな方へ向けて書いています

こんちゃっす。ada ada_coc ) です。

よく耳にする「モチベが上がらないから辞めます」とか、「モチベが上がればできるのになぁ」という言葉。

これって本当なの?

モチベが上がれば、なんでもできる?長く続けられる?

ブログ3年、クラクラ6年、続けた中で見つけたシンプルな1つの方法。

『モチベはあげるべきなのか』に対する、答えをお伝えします。

 

【結論】モチベは上げるべきではない!

結論から言うと、

モチベは上がるべきじゃない

ということに、ブログを3年続けてたどり着いた。

 

クラクラが上手くなりたい、ブログを書いてメンバーを集めたい、ライティング能力を上げたい。
目的があって始めたものは、ゴールまで継続することが大事になる。

マラソンと同じで、たとえ歩いてしまっても前に進んでいれば、いつかはゴールにたどり着く。
辞めちゃえば、ゴールすることはないからね。

やり続けるために、モチベという燃料が必要だとしたら。ガンガン燃やして、前に進む燃料を点火したら爆発的に進むかもしれない。
その方法は、ダッシュ力は出るけどパッと燃えてすぐ消える。

ゴールまで、ちゃんと持続して前に進めるの?

 

疑問?モチベーションって何だろう

そもそも、モチベーションって何?

 

大辞林 第三版の解説

モチベーション【motivation】

① ⇒ 動機付どうきづけ
② 物事を行うための、動機や意欲になるもの。刺激。熱意。 〔消費者の購買動機や、スポーツ選手の意欲などに用いられることが多い〕

出典:三省堂

 

モチベーション(モチベ)は、何かをする時の動機付けや、刺激・熱意 を指して使われている。

モチベを上げる方法(動機付け)には2つあり、
褒めて伸ばすや、運動会で1番とったらおもちゃ買ってあげるといった、小さい頃から良く親に使われている手法がある。

これは、モチベ理論の「外発的動機付け」にあたるし、上手くなりたいや楽しいというのは「内発的動機付け」となる。

 

褒める、叱る、ご褒美は本当に必要なのか?

モチベを上げるために良く使われる、褒める、叱る、ご褒美(報酬)を与える という方法。

これは本当に必要なのか??効果があるのか?

 

ブログや動画を作っている人にとって、誰かに見て欲しい・褒めて欲しい・認めて欲しい というのが根本にはある。承認欲求を満たすために書いていることは正直なところ。

 

褒めてもらいたい・認めてもらいたい

ブログを書くモチベにする

褒めてもらう

もっと書く

このサイクルができなかったらどうなる?

褒めてもらいたい

ブログを書く

褒めてもらえない

モチベダウン

辞める

 

外からやる気を出す刺激をもらう という仕組みを作ってしまうと、自家発電して動く能力が育たなくなる。言ってみれば、どこでも飛んでいけるモーター付きの飛行機か、風に任せて自由に飛べないグライダーみたいなもの。

理想は、自分の力で好きなところに飛んでいける飛行機になることだと思う。

「テストで良い点とったらおもちゃを買ってあげるの功罪」は、単発的に頑張ることはできるかもしれないが、持続しないこと。

おもちゃを買って貰えなければ、モチベが上がらなくなること。

 

3年以上ブログやゲームを続けた時に気をつけた、たった1つのシンプルなこと

 

モチベを上げるよりも、上げないこと。

 

外から刺激をもらった時は、落ち着いてから書くようにしていた。

褒められたから書く・クラクラをするじゃなく、ブログを書くスキルを上げたい・もっと上手くなりたいという気持ちでやっていた。

外からの刺激でモチベアップしても長続きしない。かえって反動でしばらく書けなくなる。

 

もちろん、褒められるやご褒美の全てが悪いわけではない。やり始めはなんだって勢いが必要だから、スタートダッシュするために使うことはあっても良いと思う。弾み車の法則で、回り始めたらあとは勢い良く回り続ける。回るまでが大変。

でも、いつまでもモチベを上げるために外からの刺激をもらうのじゃなく、自分自身で持続することが大切になる。

外からの燃料がなくなったら、前に進めなくなるようじゃ困るからね。

 

惰性じゃない?マンネリ化して面白くないでしょ?

モチベを上げないってことが大事というと、『だらだらやってマンネリ化しそう』って思うかもしれない。

それは違う。

自分でやる気を持続させるために、外からのモチベアップに頼らない。

山を登る場面を想像して欲しい。

ルートaを登っていたが、変更してルートbへ行く。時には下ってみる。山でキャンプを張ってみる。単独踏破してみる。山ガールをナンパする。

ゴールの山頂へ到達する方法はいっぱいある。いろいろなやり方を試しながら、ゴールの山頂を目指せば、マンネリ化することはない。

 

まとめ

「モチベが上がらないから辞めます」と言ってきたメンバーがいる。でも、よく聞いてみたらモチベが上がらないから辞めるわけじゃなく、モチベをあげる気がない、辞める理由をモチベが上がらないと言っているだけだったりする。

本当にやりたいことが他にあって、それをやりたい。ゲームをやっている場合じゃない。

それだったら、自分に嘘をつかずに正直に言ってくれればいい。

やりたい気持ちを大切にして欲しいし、もちろん応援する。

 

自分自身で、モチベを持続させるたった一つの方法をお伝えしました。何かの参考にしていただけたら幸いです。

Sponsered Link

 

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - Belife, コラム