【クラクラ】泣きたい時に泣ける幸せ!クランの仲間へ伝えたい覚悟

   

泣きたいときに泣ける幸せ

リーダーが、突然、一年間休業するって言ってきた。
学業との両立が難しい。大学を目指すために、甘えてる自分を鬼の環境に置く。一年間、クラクラをやめる。

アホか、、、

リアルとクラクラのバランスをってクランの掟に書いてるやろ。

リーダーならしっかり守れや。

とか思いながら聞いたとき、ちょいとうるっときた。

哀しい、辛い、寂しい。そんな事を感じた時に、泣ける事って幸せな事なんだと思う。

 

泣きたいときに泣けない哀しさ

僕が26のときに兄貴は突然亡くなった。

真夜中に電話がなって出たら、妹が泣いていた。

話を聞いた気がするが、よく覚えていない。

新幹線で実家に飛んで帰ったら、兄貴が白い布をかぶって寝ていた。

もう、一緒に一杯やることは出来なかった。

母は泣き崩れていた。そっと抱きしめるしかできなかった。妹や母が泣いているのを見て、自分は泣けなかった。

なぜか涙も出なかった。泣いちゃいけないと、思ったんだろう。

その後も、僕は泣かなかった。

今になってわかることは、泣きたい時に泣けないことは哀しいこと。

 

年をとると涙もろくなった

結婚して、子供が三人できた。

ずいぶん涙もろくなった。

赤ちゃんだったのに、寝返りしたとき。

トコトコ歩き出した時。

幼稚園にバスに乗っていった時。

幼稚園を卒園した時。

いつのまにか、ずっしり重くなった娘を抱いた時。

小学校にランドセルを背負っていく後ろ姿。

サッカーボールを必死で追いかけてる姿。

涙腺が緩んで、涙ぐんでる自分がいる。

泣きたいときに泣ける幸せに気づいた。

 

一緒にクラクラをした10ヶ月

10ヶ月前、誰も何も関わらないクランだった状態から声をあげたリーダー。

それを聞いて、なんとか力になれたらと思った。

pekka

一緒にやってきた。クラメンとの別れ、悩みながらキックしたこと、勝てなくて悩んだこと。

リーダーとしてまだまだだけど、誰よりも一生懸命だったのを見てきた。

自分が決めたことを、拙い言葉で伝えてきた。

ありがとう。僕はそんなリーダーがメチャ好きです。

 

みんなが遊べるクランは絶対残す

僕は、たった一人なってもクランを残す。

それが、僕の覚悟。そして、やろうと決めた責任。

みんなが居なくなっても、また、遊びに来れる場所を作っておく。

自分の進む道は、自分が決めること。笑って送り出してあげる。

ずいぶんいろんなものを背負って生きてきたが、まだまだ背負えるもんだと少しクスッとした。

覚悟を決めたら、前へ進め。結果が出たらまた会おう。

今度は、一緒に一杯やれるかな。

後ろ姿がかっこいい男になれ。

 

クランメンバーとの別れ おすすめ記事です
>>旅立ち・別れ!クランメンバーに贈る言葉

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - まったり王