チート告白!垢Banの過去からクラクラの未来への提言

      2016/07/09

Sponsered Link

こんにちわ。ada ada_coc )です。

先日、ツイッターにてチートの告白がありました。世界を目指すクランの仲間だった。なぜ、チートツールを使ったのか?そこには、日本のクラクラの問題が潜んでいると思う。

過ぎた誤ちを踏まえ、未来のクラクラの為に出来ることはなんだろうか?これからの日本のクラクラ仲間への提言。

 

世界No1を目指す仲間のチート告白

2016年6月5日に一つの記事が上がった。

チートツールを使用したことに対する表明文だった。

 

ツールを使い始めた理由

  • 世界のチートクランに勝つ為に、自分もツールを使い始めた。
  • 世界1になる為に、自分の実力が足りなかった。
  • 自分が行った誤ちを反省している。

 

世界を目指す中で海外クランのチート使用と、敗戦に悩んでいたとのこと。勝利する為にツールを使用することに決めたこと。裏切った仲間への謝罪。

記事の中で、その時の揺れる心情が描かれている。

 

 

世界を知るロジドネのトミーさんの声明

ツール使用の表明文を受けて、ロジドネのトミーさんがツイートしていました。

  • Clash Con でも、他国でツールの使用があったこと。
  • これからはフェアプレーで楽しもう。
  • 日本と他国とのチートに対する考え方の違い。

 

日本を代表して世界で戦った経験があるトミーさん。そこで見た、他国のチートツールの使用。

対応の遅い運営への苛立ち。

 

 

フェアプレー宣言までの対応の遅さ

2016年4月にスパセルがフェアプレー宣言をした。今までチートに対してはっきりとした態度を示してこなかった。

運営がやっと重い腰を上げたのは、クラクラをリリースして4年が経過しようとしている2016年4月の事。

 

フェアプレー宣言から、垢Banまでの経過

2016年4月18日:スパセルのフェアプレー宣言について

 

チートツール使用に対する警告

 

チート以外の垢Ban・停止処分の記事はこちら

 

チートと信頼するクランの仲間への対処法

 

フェアプレー宣言に始まったチート対策。
4月29日はサイキックオクトパスに検知されたツール使用アカウントに、警告(二週間のアカウント停止)が実施された。

 

対応しなかった運営の問題

人間は弱いものだと思う。

本当に辛い場面に遭遇した時、甘い誘いがあれば揺らいでしまうこともあるだろう。

チートはフェアではない。ツールを使うことは悪いこと。

「ダメなことはダメ」とはっきり言わなければならなかった。

 

チートに対しての運営の態度

  • チートは良くないこと。
  • 厳罰はなし。
  • 対応している。

 

 

チートに対する文化の違い

グレーな状況に対しての判断が、文化の違いにあらわれている。

 日本人の考え方:他人に迷惑をかけないことが大切。

ぼくら日本人は、グレーゾーンを判断する基準に 他人への配慮を大切にする傾向 がある。

 

 他国の考え方:厳罰がないなら使ってもよし。

ダメと言われていても、実際に厳罰がなければ使う事に抵抗がない

 

このあたりの判断は文化の違いだと思う。何が良いではなく、国や文化によって良し悪しの基準が違う。クラクラは世界中の人が遊んでいるゲームだからこそ、明確な基準と違反に対する厳しい処罰が必要だった。

 

 

日本のクラクラの未来への提言

僕たち日本人は、英語に疎い。クラクラには海外公式フォーラムが存在する。

クラクラの問題点、改善要望、アイデア、、、 

海外公式フォーラムには、様々な事を運営や多くのクラクラ仲間に提案したり、相談できる環境がある。

 

日本のクラクラ界の現状

  • 海外の最新情報に疎い。
  • クラクラの仲間と公式に話し会える場がない。
  • 日本公式とOPENに様々な相談が出来る場がない。
  • ツイッターやFacebookを活用していないクラクラ仲間も多い。

 

チート問題やこれから来るであろう色々な問題、世界との戦い。

  • 日本のクラクラ仲間と相談し議論し合える場。
  • 海外公式との橋渡しをする場
  • 日本公式にOPENに問題提示や話し合いが出来る場

 

そんな機能を日本に設立して欲しい。

クラクラをしているみんなへ
皆さんは、どう考えますか?是非、意見を教えてください。

 

 

クラクラを育てる責任

クラクラは素晴らしいゲームだし、多くの可能性がある未来を秘めている。

 

僕らには、この素晴らしいゲームを育てていく必要がある。

僕らは、どちらの戦い方を選ぶこともできる。

リスクを冒して、より楽しめる方法を探し求めていくべきじゃないかな?

ファーミングを楽しむ人、トロフィー上げを楽しむ人、それぞれの楽しみ方があるだろうけど、そんなみんなが楽しめるバランスを期待したい。

僕らもクラクラを育てていく必要と責任がある。

【くらっちゅ応援団】クラクラってなんだろう?アプデ途中経過を振り返って考えてみたこと

 

フェアで楽しいクラクラに出来るかどうか。

それは僕らにかかっている。運営さんに任せるだけでなく、みんなでより良くするために考えてみませんか?

 

 

まとめ

多くの裏切りと批判をうけるチート。スパセルが本腰を入れて対策をした現在、チート行為は激減した。

ツールを使う事はダメな事。それは個人が考え決める事だが、多くの事を失う結果になる事を知っておきたい。

楽しい、フェアなこれからのクラクラを、みんなで考えて行けたらいいいですね。

 

 

2323JP

 

Sponsered Link

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - News