自信が持てない人への対処法!頑張れって言ってもダメだった理由

      2016/02/07

Sponsered Link

こんにちわ。立ち上がれ!放牧クランの仲間たちのadaです。

 

まわりにすごい魅力的な人っていません?
ちょっとユニークだったり、気配屋さんだったり、ほんわかしてたり。
きりってしてたり、頭キレキレだったり。頼り甲斐があったり。魅力って、ホント人それぞれ。

 

誰でも、その人なりの魅力ってのが光ってる。
そんな魅力あふれる人なのに、自分は全然だめって思っている人にやってみたこと。やっぱり、自信を持って欲しかったから。自分の良いところを認めて欲しかったから。

 

すごいな〜ってこっちは思ってるのに、本人は全然「自信」がない人への対処法。

 

自信が持てない人を褒めて、励ましてみた!

その人の行動って、一番見えやすいし、素晴らしい。って思って、まずその人の行動を褒めてみた
僕がみてて気づいた事。
自分が辛い時や疲れている時でも手を抜かない。
困っている人が居たら、手伝ってあげる、、、
少しの事に気付いて声をかけてあげる。

 

そんな素晴らしいところを認めてあげる事が、一番の自信になるのかと思ってたのですが、、、

 

結果は、、、
そんな簡単な事ではないんだ。

 

どんだけ褒めてみても、やっぱり自信が持てない人って自分を低く見てしまうんですよね。

 

自信が持てない、、、「自信の意味」って何だろう?

そもそも、自信っていうものは何なんだ?

 

人間が自らの能力、知識、信念などを信頼している精神の状態を意味する。

wikipedia [自信]

 

自らを信頼している精神の状態って事は、勉強ができたからとか、仕事ができるからとか、クラクラが強いからとか言うもんではない。何かを成し遂げたから自信があるってだけではないんです。

 

周りの人がすごいって思って褒めたとしても、自らが自分を信頼していない状態だとしたら自信というものは生まれてこない。

 

サッカーが下手だって、仕事ができなくても、勉強がからきしって場合でも、自信満々の人もいる。
そんな人は、自分を信頼できてるんだろうね。

 

僕も小さい頃は、ほんとグラグラするぐらい自分が信頼できなかった。ご飯食べに行ってメニュー選ぶ時が大変だった。自分が食べるものなのによく、なんでも良いよって言ってた。

 

親父が批判的な人だったから、僕が決めたことをあーだ、こーだと言われるので、子供心にいつも傷ついていたんだと思う。

 

サッカーの試合だって、内容なんて関係なし。勝ったか負けたかを聞いて、負けたって言ったら、やっぱりダメかって。楽しかったかなんて聞いた事もない。どんなプレーだったのか、思った事はできたのかなんて聞かれた事なかった。

 

そりゃ、いつかは負けるでしょ。ズッーと勝ったら日本一だよ。って叫んでた。

 

自分で決めたことを、否定される気がしてた。だから、自分で決めることから逃げてたんだと思う。そうすれば、言われることはない訳だから。

 

けれど、逃げてるうちは自信がつかないってことがわかった。教えてくれたのは、サッカーだった。

 

 

3d91ef820d315d98001e0d7d147454ee

 

サッカーから学んだこと

サッカーは足でやるスポーツだから、どんな上手い人だってミスをする。バスケや野球と違って、ゴールは大抵2〜3点くらい。まー、たまにどかっと入ったりしますが、0ー0なんてこともしょっちゅう!

 

ゴールすることが成功することだから、ほとんどがミスってことになる。ミスをするんだという前提でチームが動かないといけない。

 

だから、失敗して怒るコーチを見ると、ふーって思う。だって、ミスするのが当たり前のスポーツだからね〜。ミスを恐れず、自らが選択し行動していく。失敗しても繰り返す。

 

その中で身につけた成功体験が、自分の力となってくる。

 

サッカーの中で、トライ アンド エラーをいっぱい繰り返した。小さなことから大きなこと。怒られたこともあったけど、自分が選んでやったことだから、なんとも思わなかった。

 

 

自信を持つためには!

自分を信頼できる状態になるためには。

 

周りの人にいくら褒めてもらったり、励ましてもらってもダメだと思う。そうやって自信を持てたとしても、本当に大変な場面に立った時は、簡単に崩れ去る。中身のない自信は、いざという時には役立たない。

 

まずやってみること、そして失敗する事。繰り返し繰り返し経験を積み重ねていく事でしか本当の自信というものは生まれてこないと思う。

 

例え成功した経験があったとしても、次も成功するとは限らない。失敗する事を繰り返すので、失敗する事への免疫がついてくる。自分を信じてなにくそって思う心が育つ。

 

自分が選び、経験する事でしか、自分を信頼する土台は出来上がってこない。そんなことをサッカーから学び、人生から学んだと思う。

 

すごく感性が鋭くって、親や周りの期待に応えようと良い子を演じてしまう人。

先回り先回りにレールを引かれ、自分で選んで動いて失敗する機会が少なかった人。

 

今からでも良い、自分で選択し行動してほしい。自分の人生だから。そうやって芯が出来上がってくると、自分の事を大切にできるし、その分、周りの人を大切にできるようになる。

 

サックス 1

 

自信を持てない人に対して、周りの人ができる事って何?

ただ、褒めてもダメなんだと思う。

 

そんな張りぼてな自信は、簡単に吹っ飛んでいく。

 

チャレンジする、やろうって思えるように褒める事、そして失敗していくこと。くじけずにまたチャレンジして失敗すること。

 

見守りながら、経験を積み重ねていくこと!

 

周りの人ができること。

 

自信っていうものは、周りがいくら与えようとしても身に付かないもんだってこと、その人自らが行動して失敗しながら積み重ねていくものだということを理解してあげること。

 

そして、恐れずにチャレンジできるように後押ししてあげる事しかできないと思う。自分から逃げていては、本当の自信は持てない。

 

 

お互いを思いやる仲間と遊びたいって思う方は、本家・成田クランクラブ
まったりのんびりと遊びたいという方は、成田クランクラブ2

Sponsered Link

ぜひ、お待ちしております

 

The following two tabs change content below.
2018年!クラクラW杯で日本が優勝!! そんな日を夢見て、今日もクラクラしまくるぜ〜。 好きな物:サッカー、ミスチル、伊坂幸太郎、生春巻き、コーヒー、放浪の旅、クラクラ、そしてもちろん!嫁(笑)

 - Belife, クラン運営, ライフスタイル